2016/09/19

QuickBlock ユーザーガイド

QuickBlock は画像、スクリプト及びプラグインをアイコンのクリックやキーボード・ショートカットで素早くブロックするための Chrome 拡張機能です(ダウンロードはこちらからどうぞ)。

1. 使い方

1.1. アイコンのクリックによるブロック

QuickBlock には「ポップアップ・モード」(初期設定)と「ワンクリック・モード」の2つのモードがあります。モードの切り替えはオプション・ページでできます。

1.1.1. ポップアップ・モード

アイコンをクリックすると表示されるポップアップからブロックしたいコンテンツ・タイプをチェックしてください。チェックを外すとブロックが解除されます。

現在どのコンテンツ・タイプがブロックされているかは、アイコン上の文字でわかります(画像は "I"、スクリプトは "S"、プラグインは "P")。

QuickBlock はブラウザーのコンテンツ設定(chrome://settings/content)を一時的に上書きしているだけなので、ブロックを解除すると(あるいは QuickBlock をアンインストールすると)ブラウザーのコンテンツ設定に戻ります。したがって、ブラウザーのコンテンツ設定画面ですでにブロックしているコンテンツ・タイプを QuickBlock でブロックする必要はありません。

「閉じる」ボタンまたは Esc キーを押すとポップアップが閉じます。

「クリア」ボタンを押すと、すべてのブロックが解除されます。

1.1.2. ワンクリック・モード

ワンクリック・モードを有効にすると、アイコンをクリックするたびに「指定したコンテンツ・タイプのブロック」と「すべてのブロックの解除」が交互に実行されます。

ワンクリック・モードを有効にするには、オプションページで「ワンクリック・モードを有効にする」をチェックし、ブロックしたいコンテンツ・タイプを選択してください。

1.2. キーボード・ショートカット

QuickBlock では、最大6つまでショートカットを設定できます。

ショートカットに使用するキーの組み合わせは拡張機能管理ページ(chrome://extensions)で設定してください。設定画面はページ下部の「キーボード・ショートカット」をクリックすると表示されます。

設定したショートカットでどのコンテンツ・タイプをブロックするかはオプション・ページで指定します。

「ON/OFF コマンドとして使う」をチェックすると、(ワンクリック・モードと同じように)ショートカットを使用するたびに「指定したコンテンツ・タイプのブロック」と「すべてのブロックの解除」が交互に実行されます。

「ON/OFF コマンドとして使う」のチェックを外すと、現在どのコンテンツ・タイプがブロックされているかに関わらず「指定したコンテンツ・タイプのブロック」が実行されます。

例として、私の現在の設定を紹介します(「プラグイン」はブラウザーのコンテンツ設定画面で「プラグイン コンテンツをいつ実行するかを選択する」(いわゆる「クリックして再生」)を選択)。

ショートカット ON/OFF コマンド 画像 スクリプト プラグイン
Ctrl+B
Ctrl+Shift+S
Ctrl+I

2. 著作権

2.1. プログラム本体の著作権

Copyright (c) 2012-2016 Genggoro. All rights reserved.

2.2. 第三者コンポーネントの著作権

0 件のコメント:

コメントを投稿